Vol.3
「bando-band 10年への旅」
曲「Falcon」 / 曲「Flying fly boogie」と、
結成当初からのメンバーのこと









126日 (金)「楽屋」中目黒
start19:30 / open18:00 / 2500円(drink別)
●ご予約受付中「楽屋」 tel 03-3714-2607
または、大久保 までご連絡下さい
http://www.kaoneon.com/



曲「Falcon」(2008.11)
アイルランドあたりかな
人が全く踏み入る事ができないような絶景の崖、海
Falcon(ハヤブサ) が、風に乗って上昇したり下降したり…
崖に停まったり… 交信しあったり…



「Falcon」→
(2012/11/14 bando-band LIVE@楽屋より)





曲「Flying fly boogie」(2009.9)
マレーシアあたりの暑い国。チャイナタウンの中華食堂
ブ〜〜〜〜〜〜ンと でっかい飛ぶハエ!
のブギー



バンドネオンは、アコーディオンと仲間である。

音色が似ている。しかし、関われば関わるほど、
アコーディオンとは遠い楽器だということを思い知ります。
空気の音への伝え方、音の並び、出来ることの違い
息の仕方、ボタンからリードが鳴るまでの質感などなど…

そんなアコーディオンの音楽で、私の好きなジャンルがあって
北アメリカ南部やメキシコあたりの、TEXMEX、ザディコ、ケイジャンなど
泥臭いブルース系の音楽。

これは、バンドネオンでもやってみたい!
泥臭くて、混沌としていて! と作った曲。

聴くと、なんの違和感もないけれど、
バンドネオンで ブギーをやる人はあまりいないと思う。
なぜなら、音の並びが、ブルースを弾くには不便すぎる。

しかし、だからこそ現れるかもしれないカタチを目指して
これからも挑戦します。ブルース、ブギー。

「Flying Fly Boogie」→
(2012/3/12 bando-band LIVE@楽屋より/音質が悪いですごめんなさい!)




結成当初からのメンバーのこと
bando-band の9年間の間に、パーカッショニストとして参加してもらった
2人のミュージシャン。
彼等のお陰で、今のbando-bandがあります。

percussion:よしうらけんじ(2007.2~2010.1/bando-band 1st CD参加)
percussion:浜野律哉(2010.3~2012.1)



「bando-band 10年への旅」随時更新中!
1.曲「Kaoneon」(2015/12/31更新)
2.曲「ロバのバロウズ」/曲「すすむ すすむ 青き楽隊」と、メンバーのこと(2016/1/15更新)
3.曲「Falcon」/曲「Flying fly boogie」と、結成当初からのメンバーのこと(2016/1/19更新)
4.曲「空に伸びる根っこのデュラン」/ 曲「航海日誌/LOG BOOK」と、
ゲストで参加してもらったミュージシャンのこと(2016/1/22更新)

5.曲「アルゴルのダンス」/ 曲「ALL OVER」と、今までライブした場所のこと(2016/1/23更新)
6.曲「HOMBLE DE LA SOMBLA/影の男」 / 曲「Milonga1874」と、
ミニ冊子製作中(2016/1/24更新)

7.ライブ後記と、メンバーについてのご報告




Kaori Okubo Website Top