Milonga ミロンガ



アルゼンチンタンゴはミロンガから生まれたと言われています。

bando-bandのライブでは、今迄もミロンガの曲を何曲か演奏してきました。
今回7月のライブでも、新たに2曲、ミロンガに挑戦しました。

ミロンガの曲にとりくんでいると、これがタンゴに発展していった
というのが、身体でわかるような気がします。



Milonga
アルゼンチン,ウルグアイの民謡,舞曲。
19世紀の後半からブエノス・アイレス,モンテビデオの周辺で
しだいに盛んになったもので,
キューバ起源のハバネラが同地方にもたらされ
独自の発展を遂げたものと推定される。

ガウチョ(牧童)たちの抒情的な歌謡として行われる一方,
都会の下町に行われたものは種々の楽器の合奏による
庶民的な舞曲としても発達し,
後者はタンゴのおもな前身となった。

いずれの場合も固有のアクセントをもつ2拍子系のリズムと,
単純だが情緒的な旋律が特色である。



bando-bnadのために始めて作った オリジナルミロンガの曲
を載せます。聴いてください。
「Milonga1874」昨年のライブから →



ブエノスアイレス 港近く 夜
ミロンガのステップ、焚き火の灯りで踊る人達。

それを見ている、ブエノスアイレス生まれのアフリカ人青年
19歳。アフリカを知らない 黒人青年。



これからも Milongaの曲も作っていきたいです。






©2014 Kaori Okubo all rights reserved.