Vol.3

bando neon で作る音楽










61日 (月)「楽屋」中目黒
start19:30 / open18:00 / 2500円(drink別)
●ご予約受付中「楽屋」 tel 03-3714-2607
または、大久保 までご連絡下さい
http://www.kaoneon.com/




Vol.3

曲をつくる…

笙の奏者だった時代に曲を作り始めた

●月・夜・海
●Balinese Dog
●川
●フタンココカン(鷺の森)
●羊
などなど…

作ってみたら[情景の見えるような曲]だ
と言われることが多く、私もイメージを曲にしていくコトにのめり込んだ。
が、笙で広がる世界に少し不自由も感じていた。
そんな時に、bando neonに遭遇。



bando neonで…

自分の描きたい絵・世界を立体的に音楽という形にしてみよう と
結成したbando-band
今迄、30曲以上の曲をつくってきた。



曲づくりは…

ピアノを弾きながらつくりはじめる。
曲のはじまりが出来てきた頃、情景が見えてきて
そこから物語がはじまる。

作っている最中は、物語に入り込んでいる。
自分が大きくなったり小さくなったりしながら
知らない時空に居る。
ピアノとバンドネオンを行ったり来たりしながら…

だいたい曲が出来上がったところで、
全員での、曲をカタチにするためのリハーサル。
こんな曲がつくりたい、ということを
メンバーに、楽譜とともに、絵や、記号や、短い言葉などで伝えて。
このやり方、メンバーも面白がってくれているように思う。

例えば 以前blogで製作中を公開した

オリジナル曲[航海日誌 LOG BOOK]
最初に作曲しはじめた時の譜面はこんなふう
これがどんどん普通の譜面になっていく。



リハーサルで譜面と共にメンバーに渡した指示書はコレ



[航海日誌 LOG BOOK]こんな曲(大久保のpianoでのラフ)


曲はライブで形になる。

バンドネオンだからこそ面白い、という曲を
もっとそうゆう曲をつくっていきたいと思っている。


★今回の新曲タンゴは★
[Zapatos de baile(ダンスシューズ)]

曲の冒頭はこんなかんじ!(大久保のpianoでのラフ)
6月1日のライブ、乞うご期待!
是非聴いてください。

ライブ、来週に迫ってきました。
皆様のお越しをお待ちしております。ご予約受付中!

2015/5/24



「なぜ 私が bando-band で bando neon を!?」 随時更新中!
1. vol.1 はじめます。(2015/4/18更新)
2. vol.2 笙の奏者だった。bando neon に出会う(2015/5/6更新)
3. vol.3 bando neon でつくる音楽(2015/5/24更新)
4. vol.4 風土・時代・刹那・バンドネオン・私。(2015/5/30更新)


Kaori Okubo Website Top