bandoneon奏者 大久保かおり

東京在住。
バンドネオンでありながらタンゴにこだわらずジャズミュージシャンとの共演も多い。
1995年バンドネオンに出会い岡本昭氏に師事。
それ以前は笙(しょう)の奏者としてオリジナル曲中心に活動。

自身リーダー【音が空想する・知らない時空を旅する楽隊 bando-band】は
大久保の描きたい世界を音にするバンド 結成14年目。
2017年からは、violinをゲストに迎え、オリジナルTANGOに取り組んでいる。

物語を紡ぐような、絵本の中に入るような…大久保かおりの世界。
bando-bandの活動を進める一方でソロやデュオでも色々な 建物、場、と音で関わる。

2009年 全オリジナル9曲入CD「bando-band 1st」リリース。
2018年 はじめてのSOLOアルバム「bandoneon SOLO Kaori Okubo 1 2018」リリース。

2014年 映画「妻の病 レビー小体型認知症」(監督:伊勢真一)音楽担当。
2020年2月 TCアルプ冬の Labo「Jam」(構成 演出:串田和美)音楽担当。

2021年 アルバム「Smile」リリース。

イラストレーターとしても活動中









©2014 Kaori Okubo all rights reserved.